安心して働ける環境づくりが進んでいる看護の現場

genba5働くことに前向きな看護師さんでも、
働いている間に子どもをどうしたらいいのか。
という点を心配している。という方は多いですよね。

 

保育園に預けることが出来た。
幼稚園に預けることが出来た。

という方でも、保育園や幼稚園が休みの時には、
どうしたらいいの?
という悩みもあります。

 

看護師の職場の中には、
日勤のみという仕事もありますが、
夏季休暇や冬季休暇など、保育施設が休みになってしまうと困りますよね。

 

そのような時に対応してもらえる、
院内保育園や院内託児所がある病院。

このような病院の求人があれば、心強いことですよね。

 

保育施設が休みでも、安心して子供を預け、
働くことが出来る病院の求人というのは、
あるものなのでしょうか。

 

看護師という職業は、
今でこそ男性の姿も増えてきて、
男女ともに活躍することが出来る職業になってきました。

でも、実際に病院などに行ってみても、
女性の方が圧倒的に多い職場であることは変わりがありません。

 

男性と女性だと、
どうしても女性のほうが育児に携わることが多く、
育児休暇を取得して休職する、離職する。

という看護師が多くなっています。

 

この状態を少しでも改善するために、
病院側が託児所を用意して、復職を促している。
という状況が続いています。

看護師に対するこのような待遇は、
他の業種に比べるとかなり優遇されていますよね。

 

入院設備を持たない病院も、
日勤の間に安心して子供を預けることが出来るように、
託児所を設けているというところは多いんですよ。