育児中の看護師が働きやすい環境づくりをしている病院は増えている

 

kankyou3看護師のキャリアアップを考えた場合、
結婚や出産、育児などで休まなければならないときに、
その休職期間はできるだけ短い方がいい。

といえますよね。

 

医療や看護の技術や知識は日々進歩しています。
ブランクが長くなればなるほど、
この進んでしまった技術や知識を取り戻すことが、難しくなりますよね。

また、一度臨床を離れてしまうと、
どうしても今まで身に着けた知識や技術も、忘れてしまう。
ということが起こってしまいます。

 

ブランクが長くなればそれだけ、
復職をすることが難しくなってしまうといえます。

 

看護師が休職する最大の理由の一つが、
育児です。

この育児期間中でも、安心して働くことが出来たら。
ブランクは最小限で復職することが出来るのではないでしょうか。

 

最近ではこの育児期間中でも、
安心して働くことが出来るように、
託児施設を準備してくれている。

という病院も増えてきています。

 

実際に女性として、結婚や出産、
育児と言った経験を持っていると、人としての経験が増え、
人間としても大きく成長しています。

このような看護師に臨床現場に戻ってもらうと、
患者さんにとっては安心感を強く与えることになります。

 

得に、小児科病棟や小児科クリニックなどでは、
育児経験がある看護師は、同じように育児をしている保護者にとって、
心強く共感を持たれやすいとう特徴があります。

院内託児所を用意することが難しいクリニックなどでも、
このような育児中の看護師を雇用するために、
保育園費用の助成や、時短勤務などによって、
働きやすい環境づくりをしているところも増えていますよ。